2012/08/31

Ubuntu 古いPCのCPUを500MHzから1GHzに交換  

古いPCの電源が故障したときに修理すべきかどうか迷った。

それは使用しているマザーボード(K7S5A)に対応している電源の規格(Ver. 2.0 )が古いために、秋葉あたりでも扱っている店がほとんどなく,あっても高価だったからだ。その高価な電源を買うお金で僕の古いPCよりはるかに性能のいいPCが中古で買えてしまうほどだった。しかもWindowsXP付きだ。

そこでネットで検索して、やっとあるネットショップで見つけた。しかし、送料込みで3500円程度。これは微妙な金額で、買って修理をするか,それとも修理せずに廃棄するかの境目だ。結局マザーボードがまた使えそうだったので、今後のために修理の経験を積む意味でその電源ユニットを買って古いPCを修理することにした。

そのネットショップで中古ではあるが,使用しているマザーボードがサポートしているCPU(AMD Athlon)も取り扱っていた。しかもそのCPUのシリーズで1GHzのものが1000円程度で,冷却ファンも同時購入で2000円弱で売っていた。(当時しようしていたCPUは500MHz)

PCも正常に動くようになったし,CPUを1GHzにすれば利用できるOSの選択肢が広がるだろう。そう考えたら欲しくなって買ってしまった。

早速使っていた500MHzのCPUを新しく買った1GHzCPUに交換した。これで
古いPCのシステム要件は
 CPU   1GHz
 メモリー  512MHz
 HD    20GHz
となった。

使った感想はやはり速い。特に電源を入れてからログイン画面が出るまでとソフトの立ち上がりにに大きな違いがあった。

ところでUbuntu8.04 以降で推奨される最小システム要件
 CPU   1GHz
 メモリー  512MHz
 HD    5GHz
だから Ubuntu のデスクトップ環境を LXDE から Gnome に戻してもストレスなく使えるはずだ。
(参考: Ubuntu 8.04, 10.04, 11.04, 11.10, 12.04

案の定 Ubuntu9.04 を Gnome をいい感じで使えたので 9.10, 10.04 と Gnome を使いつづけた。

0 件のコメント:

コメントを投稿