2015/03/28

Ubuntu  BIOS のアップデート (K7S5A)

Lubuntu がインストールされている PC のマザーボード K7S5A の BIOS を FreeDos* を利用してアップデートする。

 

アップデート方法

 

DVDドライブとフロッピーディスクドライブ(FDD)があるので、
 - CD から FreeDos を立ち上げ
 - フロッピーディスクにコピーしたファイルを使って
アップデートする。

 

準備

 

 - ここから FreeDos 1.0 のISOイメージファイルをダウンロードする。(参照:1)
 - ダウンロードしたISOイメージファイルを DC-ROM に焼く。

 - ここから BIOS のアップデートファイル(k7s5a030811.zip)をダウンロードする。
 - ダウンロードしたら解凍して、 ファイル 030811.rom を取り出す。
 - BIOS のアップデートに必要なソフトウェア aminf342.exe はこちらからダウンロードする。

 - フロッピーディスクを用意し、FAT32 というファイル形式でフォーマットしておく。
 - ダウンロードした2つのファイル 030811.rom と aminf342.exe をフロッピーディスクにコピーする。

 - CD にある OS を起動出来るように BIOS の設定を変更する。

 

BIOS のアップデート(参照:3)

 

 - FreeDos を焼いた CD をDVDドライブに挿入し、PCを再起動する。
 - すると以下の画面が現れるので、”enter” を押す。


 - 次に現れた画面の中から、カーソル期キー "↑","↓" を使って "5" を選択し、 "enter" を押す。


 - すると以下の画面が現れ、カーソルが点滅して "入力待ち" の状態になる。


 - フロッピーディスクドライブにフロッピーを挿入する。
 - (私の環境では) b: と入力して "enter" を押す。(フロッピーディスク内に移動)
 - dir と入力して "enter" を押す。(aminf342.exe と 030811.rom があることを確認する。)
 - aminf342 030811.rom と、入力して "enter" を押す。(参照:2)


 - 後は画面の指示に従う。

 

備考

 

FreeeDos とは Dos と互換性のある CUI を使う OSのひとつだ。これは Microsoft の MS-Dos のようなOSで、起動すると黒い画面上にカーソルが点滅して入力待ち状態になる。MS-Dos よりも高機能である。(参考:5)

FreeDos を使って BIOS をアップデートする方法のメリットは、
 - 使用している OS が Windows でも Linux でも同じようにアップデートできる
 - Windows用のアップデート用ソフトウェアを使ってアップデートできる
 - Windows のコマンドを使える
ことだ。

マザーボードが USB-boot に対応している場合
Fat32にフォーマットした USBスティックに FreeDos をインストールして、アップデートファイルとアップデート用ソフトウェアをコピーしてアップデートできる。

BIOS のアップデートには他にもいろいろな方法がある。(参照:4)

 

参考

 

1. FreeDos

2. AMI-Dos.pdf

3. BIOS-Update Anleitung: 3. Starten des Updates

4. BIOS-Update Anleitung: 2. Update-Methode wählen

5. FreeDos-Wiki

2015/03/21

Linux  PCの高速化

PCを高速化するにはいろいろなほうほうがある。一般的には
 - CPUの交換
 - メモリーの増設
 - HDDをSSDに交換
といったところだろう。

CPUの交換


PCはCPUでデータを処理している。だからCPUの性能が上がればそれだけデータ処理が速くなるので、それだけPCが高速に作動する。

CPUを取り替えるときには、以下の2点に注意する。
 - 取り替えたいCPUがマザーボードのCPUソケットの形状一致するか
 - 取り替えたいCPUをマザーボードがサポートしているか

上記の2点については、マザーボードの製品名から簡単に知ることが出来る。製品名で検索すればすぐに見つかる。

ソケットの形状が違うと物理的に接続できない。この方の一致は必須だ。ソケットの形状はマザーボードの種類から調べるのが簡単だ。また、ソケットの形状が一致してもマザーボードがそのCPUをサポートしていないと動かない。しかし、サポートしていなくてもマザーボードのBIOSのアップデートでサポートされることがある。ただし、BIOSのアップデートに失敗するとPCが起動できなくなるので、アップデートするなら慎重するべきだろう。


メモリーの増設



CPUはメモリーに保存されているデータを順に処理していくので、メモリーが多いほどデータの移動が少なくなり、PCがより高速に作動する。

メモリーを増設するときには、以下の2点に注意する。
 - マザーボードがそのメモリーをサポートしているか
 - 増設したいメモリの容量がマザーボードのサポート範囲内か

上記の2点についてもCPUと同様、マザーボードの製品名から簡単に知ることが出来る。製品名で検索すればすぐに見つかる。

メモリーはその種類によってソケットの形状が異なるので、マザーボードがサポートしているメモリーは1種類あるいは2種類に限られる。また、メモリーの種類が一致してもマザーボードのサポートする範囲を越えてしまうと使うことが出来ない。(この場合にはPCが起動しない。)

HDDをSSDに交換


メモリー上のデータはPCの電源をきると消えてしまうので、データの保存には主にHDDが使われている。つまり、必要データはHDDなどからにメモリー上にコピーしてきて使い、使い終わったらまたHDDなどに戻しておくようになってきる。

このHDDの中では円盤状の磁気記憶媒体(ディスク)が高速で回転しており、必要に応じて読み出される。これに対して、SSDはUSBメモリーのように電気的に保存され、読み出される。だからだからデータのやりとりはHDDよりSSDの方がずっと速い。

HDDをSSDに交換する時には、マザーボードにSSDを接続するソケットがあるかどうかを確認する必要がある。しかし、
 - 最近のマザーボードにはほとんどそのソケットがある
 - ソケットが無くても変換プラグが存在する
ので、あまり心配しなくていいだろう。

Bodhi Linux  ISY IWL 2000 で無線LANに接続

ISY IWL 2000 認識されても接続できず


一応無線LAN(Buffalo WLI-U2-KG54L)でインターネットに接続できるようになった Bodhi linux だが、接続が安定しない。そこで ISY IWL 2000 で接続しようとした。しかし、Network Manager は起動して接続しようとするが、いつまでたっても繰り返しパスワードを聞かれるだけで、ネットに接続できない。

無線LANチップの確認


端末から以下のコマンドでデバイス情報を調べる。

$ lsusb

Bus 001 Device 006: ID 050d:11f2 Belkin Components  

無線LANチップの情報が無い。
LANケーブルでインターネットに接続してから,以下のコマンドで無線LANチップのデータベースのアップデートをする。(参考:1)

$ sudo update-usbids

そしてもう一度 "lsusb"

$ lsusb

Bus 001 Device 004: ID 050d:11f2 Belkin Components ISY Wireless Micro Adapter IWL 2000 [RTL8188CUS]

これで無線LANチップは RTL8188CUS が使われていることが判る。(参考:2)

Module の確認 


次に以下のコマンドでロードされている Module を調べる。

$ modprobe -c | grep -i "050d.*11f2"

alias usb:v050dp11f2d*dc*dsc*dp*ic*isc*ip rtl8192cu


ここで 050d と 11f2 は lsusb で調べた Device-ID 050d:11f2 である。この ID から Module (ドライバー)に rtl8192cu が使用されていることがわかった。(参考:3) この Module は対応する Kernel が version 3.0.2 までだ。version 3.2.14 以降を採用している Ubuntu 12.04 をベースに開発されている Bodhi Linux 2.4.0 には対応していないのではないか。 (参考:4) 

ドライバーのインストールの準備


まず、起動時に rtl8192cu がロードされないようにする。(参考:5)
以下のコマンドで blacklist.conf を開き

$ sudo leafpad /etc/modprobe.d/blacklist.conf

ファイルの最後に以下の3行を書き加える。

blacklist rtl8192cu
blacklist rtl8192c_common
blacklist rtlwifi

次に以下のコマンドでドライバーのインストールに必要なパッケージ dkms をインストールする。

$ sudo apt-get install dkms

ここから新しいドライバーをダウンロードする。

インストール


以下のコマンドでダウンロードしたファイルを解凍する。(参考:6)

$unzip 0001-RTL8188C_8192C_USB_linux_v4.0.2_9000.20130911.zip

解凍されたファイルのフォルダ内に移動する。


$cd 0001-RTL8188C_8192C_USB_linux_v4.0.2_9000.20130911

install.sh というファイルがあるのでこれを実行してドライバーをインストールする。


$ sudo sh install.sh


ドライバーの設定


インストールしただけでドライバーの設定をしなければ、PCを再起動しても無線LANアダプターを認識してくれない。ドライバーの設定の仕方は色々ある。例えば
 - ndiswrapperを使う、
 - ソースを変更してカーネルモジュールを作る
などなど…。それらに比べて以下の方法はもっと簡単である。(参照:7)
以下のコマンドを1行ずつ実行する。

sudo su                                                                                        #ここまで1行
echo "8192cu" >> /etc/modules                                                        #ここまで1行
echo 'install 8192cu /sbin/modprobe --ignore-install 8192cu;                #ここまで1行
/bin/echo "050d 11f2" > /sys/bus/usb/drivers/rtl8192cu/new_id' > /etc/modprobe.d/8192cu.conf                                                                                   #ここまで1行 
modprobe 8192cu                                                                            #ここまで1行
exit                                                                                                 #ここまで1行

これで再起動する。

参考




3. WLAN

2015/03/09

Bodhi Linux  Buffalo WLI-U2-KG54L で無線LANに接続

network disabled

 

WLI-U2-KG54L でインターネットに接続しようとしたら Network Manager が network disabled となっていて繋がらない。

WLI-U2-KG54L はUSB接続の無線LAN子機で、Ubuntu 12.04 ではUSBポートにさすだけで認識される。Bodhi Linux 2.4.0 は Ubuntu 12.04 がベースになっているから、接続するのはそんなに難しくないだろう。

解決

 

その1 ファイルの削除

 

端末から以下のコマンドで NetworkManager.state を削除する。(参照:1,2)

  sudo service network-manager stop                                        # Network Manager を stop
  sudo rm /var/lib/NetworkManager/NetworkManager.state          # ファイルの削除
  sudo service network-manager start                                        # Network Manager を start

これで再起動後も自動で繋がるようになった。


その2 NetworkingEnabled=true そして再起動

 

NetworkManager.state の中の "NetworkingEnabled" の値が "false" になっている場合には、この値を "true" にしてから Network Manager を再起動する。(参照:3,4)
すなわち、
 端末から
    sudo gedit /var/lib/NetworkManager/NetworkManager.state
  で、ファイルを開き,
    NetworkingEnabled=false
  を
    NetworkingEnabled=true
  と書き換える。
 そして,Network Manager を以下のコマンドで再起動する。
    sudo service network-manager restart


その3 サービスの再スタート

 

NetworkManager.state の中の "NetworkingEnabled" の値が "true" になっている場合には、解決1のやり方でインターネットに接続出来るようになる。

ただ、この場合には単に端末から以下のコマンド
   sudo service network-manager restart
で再起動するだけでネットに繋がるようになると思う。


参照

 




2014/08/30

Ubuntu  pciehp Link Training Error occurs Failed to check link status

症状


LinuxBean や WattOS の LiveCD を試しているうちに、OS起動時に

 pciehp 0000:00:1c.5:pcie04: Link Training Error occurs
 pciehp 0000:00:1c.5:pcie04: Failed to check link status

というエラーが出るようになった。このエラーが出るようになってからはハードディスクにインストールしてある Ubuntu12.04 は立ち上がるが,

 - 有線LANが繋がらなくなる。
 - ctrl+alt+F1 で CUI を立ち上げようとすると上記のエラーが出て進まなくなる。
 - LiveCD (LiveDVD) が起動しなくなる。

という状態になった。このエラーについてネット上で以下のような記述を見つけた。

 - why-does-my-kernel-log-file-report-link-training-error-and-failed-to-check-link-status 
 - [SOLVED] pciehp problem 

しかし、どちらも解決には至らなかった。

解決

このエラーはOSが立ち上がる前に出てくる。ということは,このエラーは BIOS レベルで起きているのか…。ならば完全に電源を落としてしまえば何とかなるかも…。
そこで以下のとおりにしてみると

 - PCをシャットダウンする。
 - コンセントから電源ケーブルを抜く。
 - 約20秒以上そのままにしておく。
 - 電源ケーブルをコンセントに差し込んで電源をONにする。

上記のエラーは出なくなりました。有線LANも復活しています。ctrl+alt+F1 でコンソールも立ち上がります。LiveCD も使えるようになりました。 


UI (User Interface) とは、人間がコンピューターを操作するためのソフトウェアです。UI には CUI と GUI があります。
CUI (Character User Interface) とは、キーボードから入力してモニターに文字を出力する UI です。CUI は CLI (Command-Line Interface) とも呼ばれます。
これに対して
GUI とは、キーボードやマウス、スクリーンタッチから入力してモニターから画像や文字を出力する UI です。

2014/08/25

Ubuntu  File Roller - ファイルの圧縮、解凍

ファイルの圧縮・解凍とは? 


ファイルの圧縮とはいくつかのファイルをまとめて一つのファイルとして扱えるようにすることをです。それには何通りかの方法があり,そのほとんどの場合でファイルサイズを小さくすることが出来ることから圧縮という名前がついています。また、その逆すなわち圧縮されたファイルから元のファイルを取り出すことを解凍と言います。

Ubuntu でファイルを圧縮、解凍するには


Ubuntu でファイルを圧縮、解凍するには
 1. 圧縮 (解凍) したいファイルを右クリックして圧縮 (解凍) する
 2. Flie Roller を使う
 3. 端末(ターミナル)を起動してコマンド入力する
方法があります。

1. 右クリックで解凍・圧縮


アーカイブの展開 (解凍)


 アーカイブが保存されているフォルダ内に展開する場合

  展開したいアーカイブを右クリックし、"ここで展開" を選択する。

 指定した場所にアーカイブを展開したい場合

  - 展開したいアーカイブを右クリックし、"書庫マネージャーで開く" をクリックする。
  - ”展開” をクリックして、アーカイブを展開先を指定する。
  - 最後に "展開" をクリックする。

アーカイブの作成 (圧縮)


 - アーカイブに入れたいファイルやフォルダを選択し、右クリックする。
 - アーカイブの名前を入力し、アーカイブの形式を選択する。
 - 保存する場所を指定して、"作成" をクリックする。

 

2. File Roller で解凍・圧縮

 

File Roller で圧縮・解凍する方法については Archive Manager に詳しくかかれています。

 


3. 端末(ターミナル)を起動して解凍・圧縮 

 

ここでは
 test1.txt (ファイル)と test (フォルダ)を pack という名前で圧縮
 pack という名前の圧縮ファイルを解凍
する場合を例にします。

端末を起動して、以下のコマンドを入力する。

zip形式
 圧縮
  zip pack.zip test1.txt test
 解凍
  unzip pack.zip

tar.gz形式
 圧縮
  tar -czf pack.tar.gz test1.txt test
 解凍
  tar -xzf pack.tar.gz

tar.bz2形式
 圧縮
  tar -cjf pack.tar.bz2 test1.txt test
 解凍
  tar -xjf pack.tar.bz2

詳しい説明は File compression に出ています。



解凍時の文字化けについて

日本語を含んだファイルを解凍すると、文字化けすることがあります。その場合には以下のコマンドで Japanese Team のリポジトリが登録してみてください。
(参照:アーカイバ内の日本語ファイル、ディレクトリ名が文字化けする)

 sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam
 sudo apt-get update; sudo apt-get upgrade


Windows で解凍・圧縮する場合には


Windows で解凍する場合については "ファイルを圧縮する方法と展開する方法を教えてください。" を参照してください。 


















2014/08/22

TREKSTOR SurfTab breeze 7.0

スペック


半年ほど前に Media Markt で SurfTab breeze 7.0 (Trekstor) が49€で売っていた。これまで店頭で 60€ を下回るタブレットPCはみたことなかった。
主なスペックは
 - CPU 1.2GHz (Single Core)
 - メモリー 512 MB
 - OS Android4.0.4 
メモリーが 512MB CPU がシングルコアの1.2GHz...,でどこまで実用に耐え得るのか…。

日本語対応について


問題無し。Android4.0.4 がインストールされているタブレットPCなら以下のとおり。

英語から日本語への変更
 - Setting → Language & input → Language とタッチしていく。
 - 言語の選択欄から日本語をタッチする。
 - OK をタッチする。

ドイツ語から日本語への変更
 - Einstellung → Sprache & Eingabe → Sprache とタッチしていく。
 - 言語の選択欄から日本語をタッチする。
 - OK をタッチする。

root化について


root化*は可能
概略
 - PCに Bin4ry をダウンロードして解凍しておく。
 - PCとUSBケーブルで接続する。
 - PC上でインストールファイルを実行してインストールする。
詳しくは How to root?

使ってみた感想


あまり多くを期待していなかったけど,以下のとおり。
 - 立ち上がりは (バッテリーの残量に左右されるが) 速くない。
 - バッテリーの持ちに不満なし。(8~9時間)
 - メールのチェックには問題なし。
 - ブラウザーの反応がおそい。
 - タッチパネルの反応に時間がかかることがある。
 - オンラインゲームではフリーズすることあり。

ルート化も難しくないし、49€ なので、遊び倒すつもりならいいかも知れない。いまなら SurfTab breeze 7.0 plus が 49€ で手に入る。(2014年8月21日現在) こちらはデュアルコアだからもうちょっと期待が持てそうだ。

* root化とは、OSとしてアンドロイドがインストールされている機器を使っている人が管理者の権利を取得出来るようにすることである。